理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

5年生 7月復習テスト結果

7月復習テストの結果は、社会が70over、国語under50

社会>>>>>>4教科>算数>理科>>60>>>>>>>>国語

 

過去5回平均偏差値との関係は、

4教科→±0

算数↑1.7 国語↓7.2 理科↓6.0 社会↑11.4

4科合計は5回平均±0。しかし科目ごとに見ると、算数以外めちゃくちゃです。。

社会はアトラスと照らし合わせながら白地図トレーニングをやりましたが、それがとてもよかったそうです(本人談)。 引き続き、夏は白地図トレーニングにしっかり取り組む予定です。

国語が4月マンスリーの最低偏差値をさらに更新。。実は先日の保護者会後、国語の先生に相談に行ったのですが、そのときには心配ない、これから伸びますよと言われました。ちょっとびっくりしましたが、ついていこうと思いました。いただいたアドバイスを夏休みに実践します。

 

結果が出るまで全く自己採点をしなかったのははじめてでした。心穏やかに過ごせていいわ、と思ってましたが、マイページを開く時はいつもよりドキドキします。

あと、答案も問題も見ていないので、本当に成績のみで内容がわからない。これからテストの復習をさせますけど、親の内容把握がふわっとして気持ち悪い感じです。

が、まあ今回は敢えてこのまま親は把握しようとせず、本人の復習あるのみにしてしまおうと思います。既に夏の学習の方向性は決めてしまっており、修正もしないほうがいいと思うので。

祝☆KOOV

本日息子は金シールで得たプレゼント、勉強は朝勉(基礎トレと白地図トレ)以外なし、の1日です。いつもより大幅に早起きしてきた(笑)

晴れてKOOVを開封、朝から楽しく遊んでます。

学習コースが良くできており、親完全ノータッチでやれています。これはLEDの点滅。

もう少ししたら動くらしい。母も楽しみ(^^)

 

f:id:haru2019:20170722122739j:image

 

もうすぐ復習テストの結果が出ますが、あまりにも幸せそうに過ごしているので今日は本人に伝えないようにしようと思います!(結果にもよりますが)

母反省

復習テスト、我が家は母のミスがありました。

いつもサピの日は、夕方サピに出かける前に食べるためのパン等の軽食を用意しておくのですが、それを昨日忘れてました。

息子は復習テスト最後の理科の時間に完全にエネルギー切れし、ふりこの問題を解くための頭を充分働かせられず大幅な時間不足に陥ったそうです。

反省・・・

しかし、こういうことは初めてではなく、「そういう場合は自分で食パンをトーストして食べて行ってね」と言ってきていたのですが。面倒なんでしょうね。何も食べずに行き「お腹すいたー!」と帰ってきます。しかし4科目のテストの日はなんとしても食べておくべきだったね。

はあ。コースに影響のないテストでよかった。

だからというわけでもないのですが、今回はきっぱり自己採点しないことにしました。

 

復習テスト後は、夏休みの計画について話し、方針が決まりました。

1日の計画表も細かく書いてましたよ。やはり定刻アラームで規則正しい学習リズムでやっていこうとしています。が、息子はどうしても休憩時間をもう少し長く、20分ほしいそうで。話し合って、60分学習20分休憩というサイクルでやってみることにしました。

あと、最近やる気がダウンしているのが気になっていましたが、どうやらベイシックのアプローチが原因らしいです。吐き気がするほどイヤだ、とのこと。それでテンションが下がって他も終わらないらしい。えーー。

なので今後アプローチはとばし、ステップ1以降を解きます。

そ、そんなことでこんなに学習状況悪くなるのか、、とビックリするやらあきれるやら、です。

最後のピアノ発表会 そして本日復習テスト

三連休のメインイベントはピアノの発表会でした。

息子は春くらいに、ピアノはもう限界!発表会が終わったら辞める。と決めたので、最後の発表会です。今回、コツコツ練習を積み重ねることができなかったので、連休は最後の追い込み練習をしました。練習不足は否めなかったものの、なんとか無事演奏を終え母もほっとしました。ちょっと寂しいですが、いつか興味ができたときにまた弾くことがあればいいなと思います。

そして本日は復習テスト。

いつも、マンスリーなどの場合は事前に何をやるかリストアップしてペース配分してやっていくのですが、今回は思いつくままにやる、という感じになってしまいました。

やったことを振り返ってみると、

漢字の問題ページとデイリーチェック間違え問題を再度解き、書き取り練習。

理科人体のポイントチェック→確認問題一部解き直し

算数は割合の総合回20テキストを、デイリーサポート全問、デリサピ一部解き直し。ベイシック〈割合〉を4章まで。15テキストもしなければと思いつつできなかった!今の基礎トレにも出ている範囲なので大丈夫なことを祈ります。

社会は範囲のテキストを読み、白地図トレーニングとデイリーステップ解き直し。

 

・・・算数以外の20テキストの復習を棚上げしたこともあり、思ったよりやっていました。平均点高そうですね。。

息子は組分けテストの結果がよかったことや、金シール20枚というプチゴール達成後完全に気が抜けていて、最近は50分ルールも頻繁に無視しています。喝の入る成績がここで出た方がいいくらいかと思います。

 

そういえばピアノ発表会後食事会をしたのですが、その際おばあちゃんに行きたい中学を聞かれ、迷いもせず第1〜3志望まで答えていました(汗)

ちゃんと日程もかぶってなく、意外と本気で考えている?

でも偏差値的には第1<第2<第3

・・・偏差値で選ぶものではないとはいえ、それってどうなの? ってところですが。

解き直しに折り紙

7月復習テスト範囲の理科は力学と人体ですが、デイリーチェックの点数があからさまに違います。力学は100点と99点、人体は74〜86点。。

人体については3回分のポイントチェックを使い身体各部名称の復習までは終えたので、確認問題一部解き直しをしたいと思います。

理科の確認問題は普段直接テキストに書き込みしています。その場合の解き直しに使えるのが、濃色の折り紙です。

我が家にはパステルカラーしか使わない折り紙好き女子がいるので、黒、茶色、原色青や緑の折り紙が大量に余ります(笑)

これらの濃い折り紙を裏返して解答欄にペタッ。

 

f:id:haru2019:20170713082115j:image

 全く透けないし、解答欄の幅にぴったりなのです。息子によると、やわらかくて書き心地もいいそうです。 

単色100枚入りの折り紙もありますよね。スピード重視の解き直しにお勧めです。

復習テスト、そして夏休み

気付けば復習テストまで10日、そしてすぐに夏休み。

復習テスト、今回は理科をしっかり復習しないとまずそうです。人体、新しい知識が膨大ですね。3回分を一緒に復習する時間を取りたいです。

割合は今のところ順調に見えます。うすうす感じてましたが、息子の場合週替わり算数より、同じ分野を複数週かけて深めていくほうが身につきやすいのかもしれません。

 

そしてすぐに夏休みですね。年に1回の長期休み。方向付けが大事だなと感じています。

学習について、今思いつくことを書くと。。

まずは国語を優先したい。春から国語に力を入れることを意識しはじめましたが、最近、芽が出そうな気配をちょっとだけ感じています。この夏は国語の要の読解編にしっかり取り組んでほしいです。もちろん知識編も。昨年、要の漢字を夏休み中には消化できませんでしたが、年内いっぱいをかけてしっかり復習したらすごく漢字の力がついたのを実感しました。今年は早めに!と思ってスタートはしています(まだ3回目ですが)。

社会。4年時は得点源だったこともある社会、いつの間にか最後尾に!
何かしなければならないのは明白ですが、何をするか迷います。
アプラスの2周目をするか、5年のデイリーステップを総復習するか、白地図トレーニングを徹底するか。。。 うう、決められない。保護者会の後、先生に相談してみようかと思います。

算数。シンプルに、夏講習テキストの復習をしっかり。そしてベイシックを決められた期間内に仕上げる。

理科。夏期講習の復習をしっかり。

 

…サピサポーター歴1年半ともなると、無意識のうちにあっという間に上記のようなことを考えてしまいます(笑) が、最近の息子の様子を見ると、そろそろ自分で課題を考えるようにシフトするべきなのかも、とも。しかし1年に1度しかない長期休み、完全に任せるのはリスクが高すぎるし。。

サピの夏休み計画表の科目ごと目標シートを2枚印刷して、母と息子、それぞれ記入してみようかな。書き終えたら、発表し合って議論してみる。

まとまるでしょうか。。。

 

コースは1つアップし、春以来のα1です。昨年は連日の夏講習中に、クラスに対しすっかりホーム意識を抱くようになったのを感じました。この夏はどうでしょうか。

よい刺激を受けてくださいねー。

先人の知恵

5年生のカリキュラムが始まってから、増えた学習量をこなせずやる気もダウンし、まとまった時間勉強をするができない悪循環に至ってしまったことは、以前書いた通りです。

なんとかしなければと、6月からやってみました。とにかくまずは基礎体力づくり。50分継続して勉強できる体にしよう。

 

そこで次のことを実践しました。

◎サピのない日は定刻に学習開始。そのために古いiPhoneを利用し、学校のチャイムのように決まった時間に勉強開始と終了のアラームを鳴らす。

◎50分集中15分休憩のリズムを守ることができれば、その日はカレンダーに金のシールを貼る。

◎サピの日は、デイリーチェックが9割取れたら金のシール(正確には理科社会は合計180点、算数170点、国語90点)

◎金のシールがたまったらプレゼント。今回息子と決めたプレゼントは、金シール20個で夕食すき焼きとサピ勉強フリーな日の予約、です。

  

f:id:haru2019:20170707082825j:plain

 

6月マンスリーの翌日からスタート。予想以上の達成率。昨日20個達成しました。

この金シールプレゼント、サピのない日はプロセスの評価、サピの日は結果の評価となっていますがこれが結構よかったかもです。サピの日は結果が出ないともらえませんが、サピのない日はやりさえすればもらえる。そうすると、火木は確実にこなして取っておこう、という気になるようです。おかげで50分間の集中は毎日普通にできるようになりました。昨日の家庭学習は算数のベイシックを追加しましたが50分×2セットでコアプラス以外全て終わったそうです。効率がすごく上がっている!

デイリーチェックの点数も、これを始めてから各段によくなっています。

 

子ども達のカレンダー、これまでは私が一度に把握したかったこともあり1つのカレンダーに2人の予定を色分けして書いていました。しかしテストが増えた息子は2ヶ月見渡せた方がいいと思い今回分けました。

分けて大正解でした。それぞれ思い入れがあり、毎日しっかりよく見ています。(前は全く見てなかった)娘も家庭学習の達成でシールを貼っています。彼女は30個たまったらかわいい文房具をプレゼント、です。あと10個くらい。

 

2ヶ月分のカレンダーは、昨年佐藤ママの書籍を読んだときに印象に残っていて、今回実施にいたりました。ただし我が家のは卓上カレンダーです。勉強中はダイニングテーブルの息子の座る目の前に置いておきます。やってみて、確かに受験生にはマストだわ、と思いました。

50分集中15分休憩は、サピの「親子で歩んだ受験の軌跡」からヒントを得ました。

先人の知恵、ありがたいです。合格体験記は、今関係なくても将来役に立つかも、受験直前に役立つかも、と思ったものはチェックして、クラウドメモ上に箇条書きメモしています。

今後も悩んだときにはきっと頼りにすると思います。