理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

束の間の夏休み

ただいま南国です。海やホテルのプールで思う存分遊んでいます。今日はゾウに乗る予定^ ^

勉強の方は、基礎トレと、算数のサマーサピとサポートを、間違えの多い回のみ持ってきました。ゴリゴリ机で勉強するのは息子もですがパパも閉口するので、ホテルのベッドでゴロゴロしながら復習しています。サマーサピに自分が書いた式と答えを見てどこが間違えていてどうしなければならないかを言う。「あ、最後2で割らないといけなかった!だから答えは◯◯?」「正解!」そんな感じでゆるく復習しています。パパも内容を把握したので食事中に「このパイナップル9個とライチ3個を家族4人に3個ずつ配る方法は何通り?」とか突然算数をやってます。息子もそういうのは大歓迎みたいです。

今日一日遊んで明日帰国します。帰ったらまた夏期講習。私も仕事がすごく忙しくなる予定なのでちょっと気が重いですー。

少し軌道修正

夏期講習の75%が終了して振り返ると、社会の調子が上がってきています。1日3ページペースで白地図トレーニングをやってきましたが、知識がきっちり整理できたようです。

一方で算数が気になります。白地図トレはペースを落とし、お盆休み以降は重心を算数にシフトしようと思っています。夏期講習の算数はどれも重要分野な気がします。しかも1-2日に一度のペースで進んだのでどう見ても未消化です。これから夏休みいっぱいをかけるつもりで、丁寧に復習に取り組んでもらいたいです。

 

昨日はゆっくり息子と話をしました。やはりかなり精神的にきついそうです。要因はα1にいること。まわりができることももちろんですが、先生の煽りが厳しいらしい。特に算数の先生は求めるレベルが高く、「このクラスはこれもちろんできるよねー」「えー!この問題できない子こんなにいるのー!?」etc

「α2のほうがいい?」と聞くと、うん!と即答(^^;;

母としてはそんな厳しい環境で鍛えられて強くたくましく育ってほしいですが、そうでなくても疲れている息子にそうも言えず、よく頑張ってるね、きっと力になってるよ、と伝えました。

昨日は従姉妹さんにも会えました。「サピの5年生はほんっと大変よね!」と言っていました。やはり大変なときなんだね、と少しほっとした母子でしたー。

 

今日は勉強は朝勉のみ、学校の宿題の工作をしました。動く系ですが、先ほど成功しました。よかった!

そして明日から旅行です。子供たちは始めての海外。7時間くらい空の上なので、算数テキスト持ち込みますよーー!

本日午後からお盆休み

夏期講習、今日で3/4が終了です。

息子はスポ少の合宿で前半2回お休みしていますが、それでも疲労の蓄積が見て取れます。昨日は朝起こしても、「起きたくないよ~」と全然起きず手強い。それで昨日はTVの力を借りました。唯一子ども達が見ているバラエティ「世界の果てまでイッテQ」

効果覿面。思いっきりゲラゲラ笑いながら朝ご飯を食べて、萎縮していた脳が活性されたようでした。

ほんとくだらないしやり過ぎだろというところもありますが、私自身が小学生のころアニメ以外の民放番組を全く見せてもらえず学校で友達の話がわからず困った経験があるので(笑)、一つだけ限定で予約録画しておくようにしています。

 

昨日は午前中近所の図書館に行ったのですが、机で勉強している小学生が数人いました。その中に、明らかにサピの6年算数だとわかるテキストを黙々と解いている男の子が。B5冊子とB5ノートを並べてノートに着々とすごい集中力で解いている様子に感動。。

息子はといえば、5年のはじめはデイリーサピックスをノートに解いていたのですが、5年春のやる気の落ち込んだ2-3ヶ月ほどの間に少しでも負担を減らそうとした経緯があり今はテキストに直接解いています。「6年生になるまでにはまたノートに解くようにするよ」と釘をさしてはいますが。

うん、そろそろまたノートに戻るべき時かも。

夏期講習明けの21番テキストから再開しようと思います。

 

ちなみにデイリーサピックスに直接解くときの工夫は、0.7赤シャープで丸つけ。PILOTのカラーイーノは鉛筆と全く同じように綺麗に消せるので、解き直すべき問題が判明したときはその問題だけ消してコピーして解き直しをする、というやり方でやってきました。

難点は、カラーイーノ色も薄いのです。たくさんマルだった時のテンションアップや、直しや注意点を書き込むのには絶対にくっきりした赤ペンがいいですね。

 

さて今日はサピ終了後の息子を拾ってそのまま車でパパ実家へ行きます。

サピOG従姉妹さんに会えるので楽しみです。

夏期講習第3クール終了

夏期講習の算数、5と6と7に苦戦です。

特に5の比と割合(2)。普段手こずる問題、あったとしても1テキストにつき2問くらいまでにおさまってますが、このテキストは数問あったようです。

そのうち2問は解説読んでも解決しないと言うので、質問教室に行くことを促しました。しかし。。

息子はまだ質問教室を利用したことがありません。

平常授業後は夜遅くなり生活リズムが乱れるのを避けたいので、私も推奨していないのですが、季節講習中はチャンス。

しかし朝は行くと言っていたものの、帰ってから聞くと「どこに行けばいいかわからなかったから行ってない」と、、

なんとも情けないのですが、親もわからないから何も言えない。

で、結局「もう一度解説読むよ!」と読み始め、今度は納得したみたいです。「なーんだそういうことか」と。さらに翌日解いたら解けたので大丈夫かな。

7の場合の数も、おそらく未解決の問題が残ってます。場合の数は数ヶ月おきにまわってきますが、その度に苦戦しているような?

いつでも解ける!という境地に至れる日は来るのでしょうか。。

 

そんな、算数が心配な日々ではありますが、学習のペースには慣れたようで日々予定通りに進めています。

なので今日の勉強は軽めにして、工作(学校宿題)をやっています。私も今日は在宅仕事にしました。

明るいうちに目処をつけて、久しぶりに虫捕りに行きたいのだそうです。暑いけど捕獲できるかな。

地理総まとめの夏

4日授業→1日休みのサイクル、サイクル的にはちょうどいいと感じますが、貴重な1日の休みは土曜か日曜だったらなあ、と思ってしまいます。せっかくの夏休み、お出かけもなかなかできないですね。

 

さて、5年夏期講習の社会は毎回入試問題レベルの演習問題を授業内で解きますが、その範囲に合わせて事前復習を試みています。具体的には、年間学習法に載っている白地図トレーニングの該当ページを事前にやって知識を確認し、さらに曖昧だなと思われるところを中心にサピの過去テキストを振り返っています。

以前から、社会のテキストはスキャンして縮小印刷し、縮小版を作っていました。これが今活躍しています。

 

 4年のテキストはB4→A5に縮小してしまいましたが、5年テキストは字も小さくなったのでB4→A4に縮小。工業のページなどは途中5年分からは90度回転して読むことになるのですが、目的があって開いているので無問題でした。表紙の表と裏、テーマ1〜3のみ抽出で、この2冊に納まります。

 

f:id:haru2019:20170805090539j:image

 

やはり勝手知ったるサピのテキストだと素早く知識を再確認できるようで、自由自在の出番はあまりないかもしれません。6年生になったらまた地理の復習があるようなので、この2冊使い倒してほしいです。

クリアファイルのため、書き込みができないのがデメリットといえばデメリット。いざとなればマッキー等で書けばいいかなと思っていますが。。

 

昨日の休みに行うサピの復習、1項目は本人にやりたいことをピックアップしてもらったところ、夏期講習で扱った社会の知識を白地図にまとめる作業を選びました。この夏社会好きになってきているかも。

そんな中、母は再び算数が気になってます。授業中解いてくる問題の正答率が芳しくない・・・

折り返し

一昨日の息子は、夜まで子供2人で過ごす、というミッションに長男として異常に気合いが入っていた模様。

昨日はその反動かな。全くダメだったようです。

サピから帰ってきてお昼を食べた後、2時間以上昼寝してしまったらしい。そこからやっても絶対間に合わない、と開き直りモードでダラダラ過ごしたらしく、母帰宅時ほとんど手が付けられてない状況でした。

その時点から、少しでもやろうよ、とあの手この手で1つずつやらせ、結果1つを除きほぼ終わらせられましたが。。

そろそろ疲れも出てきていますね。

明日が休みでほっとします。

明日はやり残している中から優先度の高いものを厳選して勉強は少なめにし、自由研究に勤しむ予定です。

・・・

新4年の2月9日からスタートしたサピックス生活、ちょうど折り返し地点を迎えました。

地道に勉強をするのが本質的には好きじゃない息子を見ていると、こんなで受験学年を乗り切れるのか、そろそろ心配になってきてしまいます。。

とにかく本人のできるレンジの中でやるしかないです。

やればできる

昨日は一区切りな仕事があり、その後打ち上げ的飲み会がありました。

その際、これまでも仕事でご一緒したことのある、すごく仕事のできるAさんが、話の流れで聖光のOBであることが判明。ヒアリングしたい!と思ったのですが、そのときの話題はそのAさんの大学時代の恋バナ。言うまでもなく大盛り上がり状態が長く続き、ムリでした~。残念。。

・・・

そんな昨日は、夏休みでもあることだし置き食に挑戦しました。冷蔵庫にごはんとおかずを入れておき、夜チンして2人で食べる。おやつと飲み物も、2人の好きなものを新規に用意。

結果、学習も生活も完璧だったようです!

パパが帰ってきたら2人ソファに座って理科の確認問題の口頭解答をやっている姿があり、感動したそうです。やればできるね(^^)