読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

発熱

なんか咳多いね。そしてだるそうね。 

……と気付いて検温したら、発熱してました!

しかも聞けばクラスに、インフルエンザBで休んでいる子がいるとのこと!!きゃーー!

今シーズン、息子はインフルにかかりましたがAでしたし。

家族全員消毒スタートです。

 

悪夢のようなマンスリーの出来なさも、体調のせいだとしたらちょっと救われるのですが。。何かのせいにするのはよくないけど、理科の時間が足りないなんて今までなかったことだし、その原因が今ひとつわからない。

もちろん究極的には、風邪を引いてても必要十分な出来で解くことができる、くらいの境地を目指さないといけないのでしょうけれどね。

4月マンスリー。

できなくて、昨日は息子声を上げて泣きました。

社会はまた大幅に時間が足りず、9箇所も空欄が残っていると。国語もやはり時間が足りず空欄が4箇所、理科も時間切れで2箇所、算数も5箇所。合わせて20箇所の空欄。と自己申告。

「絶対○コース(昇降制限いっぱいのコース)に落ちるよ」

「ごはん(息子リクエストの唐揚げ)食べない。今日は何も食べない!」

自分閉じこもりモードに。。

前にもそうなったことがあります。植木算のA授業が全然できなかったと落ち込んで帰ってきた夜もやはり悔し泣きし、「今日は何も食べない。ごはんなんて食べられない」と言って自分に閉じこもりそのまま寝てしまったことも。

昨日は結局、youtubeのおかげで少し気分を持ちなおし、食べ始め、最終的にはおかわりまでしたのでほっとしましたが。ヒカキンセイキンに感謝!

 

早朝に採点してみました。

社会は確かに悪い。そしてそれ以上に国語が悪い。算数もあまりよくない。得点率はやはり理科が一番よかったが、ここのところの理科が素晴らし過ぎたので、あまり喜べない点数。

4科合計は、10月のSOを除けばこれまでの最低点です。

内容分析まではできていませんが、社会はまた不要なメモをしていました。四大文明発祥の川が切り取られた4つの地図。問題文からナイル川と断定できるのでさっさと次に進めばいいのに、4つの地図内に黄河インダス川メソポタミア、などのメモを残していた。家庭学習やテスト直しのときには、その態度いいと思うけれどね。。

国語は久しぶりに漢字のハネ問題。ハネていない箇所が3つもありました。。普段の書き取りでも雑だったかもしれません。そして記述1問まるまる空欄、抜き出し問題空欄。

おそらく2コースダウン、ブロック落ちすると思います。

GWしっかり分析しなければ。

4月マンスリーに向けて

昨日は午前も午後も、同じテーブルで私は仕事、息子は勉強。
今回は社会の時間切れを防ぎたい!と、範囲分の確認問題の解き直しをしました。初めての取り組みです。
間違え分と、一部手をつけられなかった実践問題のみですが、膨大な量で後半は泣き言言いながらもなんとかやりました。

ヒマラヤ山脈がどうしても思い出せず、
「えーーとね、ほらほら。チョモランマがあってさーー。あれだよ!」
等つぶやき、しまいには
「I have a ユーラシア大陸〜! I have a インド!ah!、、、」

両手で両大陸を合わせながら、余計思い出せなくなったりしていました。

アウトプット練習になったか甚だ不安です。。

理科好き好み?

最近の理科が楽しくてたまらないらしいです。
電気、そして光と音。授業の後は楽しかったーといつもご機嫌です。

算数の方は、N0.7の分数ではひくーーーいテンションでやっていましたが、No.8の旅人算から一気に「楽しい!!」と生き生きしてきました。No.9のダイアグラムもおもしろい!と言っています。ま、だからといって常に正解を出せるかというとミスがあるのですが、サピに通い始めてここまで算数のことを楽しがっているのは初めてなので母も嬉しいです。

うん、確かに速さやダイアグラムは、理科の感覚かも。そういえば水槽に水を入れる問題も得意だった。

逆に、今回マンスリーの範囲では、No.7の分数と春期講習2の数の性質が鬼門です。数種類の典型問題をマスターするかしないかで結果が大きく変わりそうですが、なんというか身が入っていないというか「マスターしよう」という気持ちを本人が持っていないような。。

…この週末に再度確認したいです。

・・・

今週は激務甚だしく、水曜日の夜はほとんど徹夜に近い状態でした。翌木曜日はさすがにこたえ、夕食の準備をして子ども達と食べた後の記憶がなく。ソファで寝てしまったようです。つられて子ども達もソファで寝てしまい、3人で生き倒れているところを遅く帰ってきたパパに発見されました。もちろんその日息子は、夕食後に予定していた学習が全くできませんでした(涙)

そしてこの母の状況、若干の波がありつつ夏まで続きます。

学習のサポートもあまりできず今後の成績が心配になりますが、どうあろうとのりきるしかない。

母も頑張るよ。息子も頑張れ!

一日千秋

昨日の夜、息子がいいました。
「一日千秋の思いだったよ」
翌日が月曜日なのが嬉しくてたまらないのだそうです。
「あー明日はA(←一年生の時からの仲良しくんで、今年度ようやく再び同じクラスになった)に会えるー♪」
とも言ってます。
 
・・・恋人かよ!ヽ(´ー`)
 
でもすごいね、「一日千秋」なんてさらっと使えるなんて、と思ったら、何のことはない今週の言葉ナビ範囲でした。
もちろん覚えたそばから積極的に使うことはいいことですが。
 
この週末は土日ともにハードな試合で、帰宅直後の疲労困憊具合をみると「さすがに今日は終わらないかも、、」と母は思いましたが、食事→母の脚マッサージで意外と復活し、算数のデリサポB〜Eと社会確認問題実践編を完了できました。
その気になればこんなに短時間でできるのね。。
 
今朝は「やったー学校♪」と言いながら着替えつつ、早くも夏休みの心配をしていました。
 
んー。夏はAくんと遊ぶ機会をつくりますかね。
Aくんはサピではないですが塾に行っていて中受予定だそうなので、軽く一緒に勉強してその後遊ぶ、などできるといいな。

やる気と海馬とi暗記

振り返ると3月後半から4月上旬まで、息子は無気力でやる気があるとは言い難い状況でした。1ヶ月近く4時間授業か春休み。しかも足を軽くケガして4週間くらいスポ小活動もお休み、と時間はたっぷりあるにも関わらず、というかあるからこそなのか、とにかくダラダラダラダラ、長時間かけてなんとかその日やることを終わらせる、という毎日。。母もヤキモキしておりました。

しかし学校が始まってスポーツの方も復活すると、ようやく生き生きしてきた感じです。新しいクラスでは、4年時に一番仲が良かった友達とは離れたものの、1年のときに一番仲の良かった子や2年のときに仲の良かった子と同じクラスになり、また新たにできた友達とも楽しく遊んでいるらしく、毎日「学校が楽しい!」と言っています。先週末の久しぶりの試合後も、体は疲れているのでしょうが頭の方は覚醒していて普段ダラダラゆっくりやっている学習を集中して短い時間で終わらせていました。

時間があればいいってものではないのね。

…ということがよくわかりました。今後諸々の方針を決めるときに参考になりそうです。

・・・

本人のやる気がなくて困っていたとき、やる気というのは、やりはじめないと出ないんだよ、と教えるため池谷裕二さんの著書『海馬/脳は疲れない』の該当箇所を読ませました。それが面白いらしく、今最初から読んでいます。

さらに池谷さんが監修したi暗記というアプリがおもしろそうだったので使ってみました。日々の学習の中で間違えたものを、母がせっせとi暗記カード化していってみてます。PCから入力できるのでちょっとした時間にシャカシャカ入力できクラウドスマホと同期できるので便利です。

このアプリが賢いのは、もう覚えたとアプリが判断したカードはしばらく出てこなくなることです。が、そろそろ忘れたんじゃない?という頃にひょっこり出てくるそうです。

おもしろいので、母の専門分野の知識もカード化して使っています。あ、画像も入れられるので、理科の図とか、社会の地図とかも使えますよ~。画像を入れると問題文も画像の中で完結しないといけないのでちょっと加工が必要ですが。。

…めざせ親子でレベルアップ!

 

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス

 

 

課題

4月マンスリーテストまであとちょうど2週間。4年時と比べてまとまった時間が取れないので、少しずつ先週以前分の復習を取り入れていかなければと思っています。

 

我が家の今回一番の課題は、組分けテストに引き続き復習テストでも時間が足りなかった社会です。今回時間切れだけは避けたい。

3月復習テストで時間切れになった最後数問を家で解いたところ、3点問題が複数あったのもあり正解した分は12点にもなりました!偏差値表を見てもこれは本当に大きかったです。次は時間内に終わらせられるようにならなければ。。

その際解くところを見ていると、例えばEPAを答える問題では自分の覚えている4つの略称「WTOEPAFTA、TPP」を全部思い出し余白に書き込み、消去法を使いつつ、「EPAだな!」、とやっていました(o_o)
んーー。たまにそういうのがあってもいいかもしれませんが、多くの問題でそれをやったら時間がかかりすぎるに決まっています。

今回はアウトプットをしっかりやります!