理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

戦え!

前から読ませたいな~と思っていた、齋藤孝さんの

「勉強なんてカンタンだ! 」

 

f:id:haru2019:20160721121103j:plain

勉強なんてカンタンだ! 齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第(1)巻 | 齋藤孝 | 本 | Amazon.co.jp

 

夏休み前に読ませてみました。とても引き込まれたようです。

この中に書かれていた問題集の進め方がとてもよくて、取り入れたいと思っていたのです。問題集の問題を解いていく際、解けなかった問題番号に1回目は赤丸、2回目もやはり間違えたら青丸、3回目は緑と印をつけていく。できる問題が増えていく一方、自分にとっての難問があぶりだされていく。そのあぶりだされた問題に集中して、解けるようにしていく。

1問にあまり長い時間はかけず、わからなければすぐに解説を見て2回目3回目で解けるようになればよい、と。

 

息子はこの「すぐに解説を見る」あるいは「誰かに解説を求める」ができません。難問であればあるほど、解いてみて間違っていると拗ねてしまい、どうしようもない精神状態に。素直に解説を読んで理解しようとする姿勢とはほど遠くて困っています。。

親から言っても埒があかないので、この本で心に響いてくれればいいのですが。。

 

この夏は算数!と前から決めていました。

この本推奨の問題集の使い方をまねしたいばかりに、母はサピのバラバラテキストを一冊にまとめたくなり、、

算数テキストから手強い問題、主に★★★を抽出してノートに貼っていってみました。題して「ラスボスノート」です。

f:id:haru2019:20160721113958j:image

授業等で使っているノートはCampusのパステル調ですが、ラスボスノートは重みを出したかったので、ブラックのこのノートを使ってみました。これに問題を切り貼りしていくとオリジナルの問題集のようになりました。解くのは他のノートです。

 

息子はこのラスボスノートが気に入って勝手に戦いモードになり、3問おきくらいに「Lv.1」とか記入しています。

f:id:haru2019:20160721113454j:image

 

問題を解くときも、

「ふっふっふっふっ!おまえの攻略法はわかっている!」

とか、

「シュパッ!! ドドドド…!」

とかパンチの効果音等をつぶやきながら解いています。。。(^^;;

 

まあ楽しそうだからいいんですけど。。

 

夏は計算力と、難問と戦う心を鍛えます!!