理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

母の変化と子の変化

4年後期は母の関わり方を変えていくので、君は主体性をもってやっていこうね、という話を先週前半に本人にしました。

ちょうど習い事がらみで厳しく言わないといけないことをやらかしたので、それと合わせて甘ったれた部分についてキッチリ指摘し、これから変わっていかないといけない、と。結構響いていました。

 

その後の母子の様子は。。

 

【金曜日】

前日がサピ算数理科授業の日でかつ金曜日は習い事が何もない貴重な日なので、

算数Bの解き直しとステップAB、頭脳トレAB、計コン30番まで、理科テキスト熟読と確認問題1~4、さらに時間があればラスボス問題を解く

…と勉強デーです。

私が18:00に仕事から戻ると開口一番、「まだあまり進んでない!今ステップBやってる!」と言ってきたので、

「そうなの~タイヘンね」とさっぱり返し「お母さんも持ち帰り仕事があるから仕事するね!」と言って妹お迎えの時間までPCに向かいました。

前だったら「えっ!そんなペースで間に合うの!?」なんて言ってたかもしれないところですが。。

そうしたらその後エンジンがかかり、母の予想を上回るスピードで進み、夕食前にはラスボス問題以外が終わっていました。

ただ、夕食後にマル付けが大量に残っていたので「手分けしようか?算数Bはマル付けしてあげるよ」と言うと「ありがとう」と素直な返事。

 

【土曜日】

ウィークリー学習リストを眺めながら、「土日はやること多いんだよな~」と。

「何か減らせそうだと自分で思うのなら減らしていいんだよ。極論を言えば、『理科は確認問題やらなくても、テキストをしっかり読んで理解すればデイリーチェックもマンスリーも目標点取れる』と思うのであれば、そうしていいし」と言うと、「いや絶対無理だわそれ」と。

…いやもちろんわかってて言いましたけどね。。

その後もリストとにらめっこをして、土日に分けていた国語Aの漢字は1回にまとめて数を減らしたい、と言ったので来週のリストはそれをふまえて修正します。

土曜日は1週間かけて書き取りした「要」の漢字の書き取りテストも行ってみたところ定着度良好。ちょっとゆっくりペースですがこのまま進めます。

 

【日曜日】

終日スポ少遠征。5:00起き→6:00自宅出発→19:30帰宅。車乗り合いのため移動時間も全く勉強に使えない1日でした。が、出発前に基礎トレだけはできました。

帰宅して夕食後、「あ~~、今日の分の勉強どうしよう」と言うので、「全部明日に持ち越しは厳しいね。どうしようか。どうやってリカバリーするかお母さんと一緒に決める?それとも自分で決める?」と聞くと「自分でやってみる」と。

 

 ・・・

 

息子の姿勢は今のところかなり変わりました。

進捗が悪いときに「怒らない」というのは結構効くかも。怒られるということは罪悪感に対するちょっとした罰を受けるのと同じなので、罪悪感自体は軽減されているのかもしれません。人ごとのようにこちらが流すと、自分の行動でしか罪悪感を打ち消すことができないのだなと。新鮮な発見!

引き続きブレずにいきたいです。

 

昨日は疲れ過ぎていて結局勉強はせず、寝る前に読書していました。

今シャーロックホームズにはまっていて、「おもしろすぎる!」と興奮しています。

そうだよね。私もちょうど息子くらいの年齢にホームズと怪盗ルパンにはまったよ。

推理小説は引き込まれるので危険ですが、これは短編なので危険度少ないかな。

 

赤毛連盟 (ポプラポケット文庫―名探偵ホームズ (701-1))

赤毛連盟 (ポプラポケット文庫―名探偵ホームズ (701-1))

 

  

そして月曜日。昨日と今日2日分の勉強。

彼はどうするでしょうか。。。