理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

算数と国語

算数の特訓中ですが、本人も算数が楽しくなってきた、、かな。
前回に引き続き範囲が狭いこともあり定着率は悪くないです。

が、一番の不安は平均算でのややこしい計算を最後まで正しく計算できるかです。。
息子はよく、今やっている計算の結果出てきた数字が何だったかを勘違いすることが多いので、とにかく途中式やメモを書き確認しながらやる練習をしています。意外とそのほうが早く解けるみたい(迷わないので)。

それから範囲の狭さですが、同じような問題ばかりやっていると算数的思考を使わなくなってしまい退化する傾向があるような気がしたので、今回は敢えて別分野の★★★問題や頭脳トレーニング、これまでほとんど手をつけていなかった入試問題に挑戦、なども1−2問やっています。そのほうが息子も前向きに取り組めるようです。
算数テキストだけは全て時系列で本棚にずらーっと並べており、いつでも過去の問題に取り組めます。
理科や社会のテキストは1回分につきB4×4枚だけを残して他をアーカイブしてしまっています。


そして国語が放置気味で心配。

親のテコ入れ、国語と算数両方はなかなかできません(涙)
どちらかだけでも自立してできればなあと切実に思います。

今回はとにかく知識分野を完璧にする、ということを国語の目標にしました。
漢字、本当に今さらなのですが、ようやくハネるべきところはハネる、という意識づけが定着してきたようです。
が、学校の漢字宿題で用法を書く際、ひらがなの「の」やカタカナの「モ」をうっかりハネてしまい「しまった!!」なんて言っています。

いい。それぐらいできっとちょうどいいよ。