読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

学校の先生にも

今日は悩みましたが、スポ少の一日大会を休みました。

12月マンスリーって、考えてみたら4年生最後のマンスリー。練習試合ならともかく、一日大会に出てしまうと勉強時間ほぼゼロになるのは目に見えています。

いやいや、4年最後のマンスリーは大事にしたいね、ということになりました。

今日は朝9:00までゆっくり寝て、それから4教科全て復習をしました。予定していたことが18:30現在ほぼ終了したので、今は妹とゆっくり遊んでいます。

・・・

先週は学校の個人面談でした。

恐縮するくらい評価していただきました。

たくさんのいろいろなタイプの友だちと仲良くしている。積極的に知的な発言をしてくれ、授業が活気があり雰囲気がよくなっている。いろいろなことをよく知っていてびっくりしている。。など。 いや先生、褒めすぎでは。。

これだけ評価してもらっているから息子も学校が楽しくてたまらないのだなと。ありがたいことです。

「あ、ケアレスミス多いですけどね!『こーんな計算ミス、するんだねぇ!』ってことよくありますけど」って。 

そうなんですよーーー!と思わず力強く同意。

そうなんですよねー。

ただ、先生には「かわいいですよね〜。かわいくってたまらない」とも言われまして、息子のそういう抜けているところがかわいがられることにつながっているかも、と思いました。

そして、ケアレスミスと性格的な要因の関係の根深さも。ゼロにすることは残念ながら不可能なのではないか、と思い始め、いろいろ考えさせられます。

ゼロにはならなくともいかに少なく抑えられるかを目指す方が現実的か。

今、日常的にもいろいろな数を計算したりするようになってきました。社会とかでも、グラフの数字を見て、あ、アメリカは日本のえーーと約○○倍だね、とか。

そうやって暗算力を高めてくれたらなと思います。