理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

KTT+マンスリーその後

塾休みの期間にKTTを2月分から解き始める計画ですが、、、一波乱ありました。

この10日間で可能な限り網羅したい、という母の欲もあって1日3枚ペースにしたのですが、息子には苦痛だったようです。「毎日毎日こんなにKTTやるのはもう嫌だ!」…となり、モチベーションががた落ちになってしまいました。

普段塾で10分強くらいで解いているらしいから、3枚くらいいけるだろうと思ったのですが、、精神的に耐えられないみたいです。

夏休みにも、国語の要の漢字編を2回分ずつ毎日やるのが苦痛で途中耐えられなくなったこともあったし、うちの子はベーシックで若干単調なものは、1日の分量を少なくして時間をかけて取り組むべきなようです。。

その後は1日1枚ペースに変更し、なんとか1年の半分までは終了。そして収穫がありました。

「この問題が出たら100%間違えること確定!」というくらい勘違いしていた問題がありましたorz(それは組分けにも出ていてもちろん×だった)。

親が解説しても、一度勘違いしているので堂々巡り。。

そこで応用自在の例題とその解説を渡すと、それでようやく納得がいったようです。こういう時用に、やはり算数の参考書は1-2冊あるとよいのかもしれません。

半年前くらいの算数って、基礎トレでの演習も終わり2-3ヶ月経っていてポロッと抜けることがありそうです。週に1枚、半年前のKTTを解く、というのをこれからやってみます!

・・・

いよいよ明日から5年生のサピックスが始まります。

この10日間は上記のことはあったものの、勉強量は少なかったのでかなりの時間読書をしていた模様。週末は試合にあけくれリフレッシュできたのではないかな。

5年テキストの受け入れ体制がまだ整ってないのが気がかりですが、手元にテキストが来るまでは正直難しいのですよね。

それらも含め、最初の1ヶ月の課題は「親子ともどもペースに慣れよう」です。