理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

踏ん張り時だと思う

先週の木曜日は学校を遅刻したそうです。

家を出る時間は変わっていないものの、いつも通学路の1/4程度をほぼ走って行っているのが、疲労のため走るどころではなくなっていて間に合わなかったとのこと。「今日はもういいや」と思ってしまうほど疲れていたということで、母ショック。

家から学校まで1km以上あるため、元気かどうかで通学にかかる時間は変動してしまいます。よって朝勉のボリュームを今週から減らし、どんなコンディションであっても間に合うように家を出る時間を10分早めることにしました。4年生の間の朝勉は①基礎トレ→②漢字か白地図トレーニング→③計算強化(その時々で筆算特訓、小数分数特訓などテーマを決めて)の3本立てでした。5年生からは①基礎トレ ②理社デイリーステップ ③漢字 としていましたが、減らすしかない。どれを夕方にする?と聞いたところ漢字はリラックスしてできるから夕方の勉強の合間にする、とのこと。1つ減らしただけですが、今週は元気に通学できていて安堵です。

…中学受験のことを考えると通学距離って重要な要素だなと思います。そしてそれはきっと、中学高校だって同じことではないかと。中高生は電車で勉強したりももちろんできますけど、やはり長時間満員電車に乗るのはいくら10代でも疲れますよね。通いやすさはやはり重視したいです。

 

週末も大変でした。土曜日は目一杯チーム活動の日。朝6:00台に家を出て18:30帰宅。強豪チームとの試合である上欠席者が多くて出場時間がいつもより多く、帰宅後は疲労困憊。1分も勉強できない日になりました。

日曜日は習い事がひとつあるのみでしたが、家庭学習の残りがかなり多く、夕方くらいから電池切れ。ずっと親がついて励まし続けてなんとか終わったけど母子ともぐったり。先が思いやられてしまいました。

おそらく今までの家庭学習全体量を身体が覚えているから「うわーーまだこれがあるのか・・・」と疲労感いっぱいになっているのでしょう。あと2週くらいしたら、5年バージョンの学習全体量を身体が覚えてそこまでの精神状態にはならなくなるのではないかな、と思っていますが。

 

週間スケジュールについても見直そうと話し合い、母が修正しています。

我が家は親子でスケジュールをおおまかに話しますが、それをA4にまとめるのは母がやっています。それでやってみて改善点があればまた2人で話し、決まった修正点を母が反映して次の週のA4リストを作成する、というやり方です。本人が主体的にスケジュールを立てて欲しいけど、わかりやすく、かつ落としなどのミスなく(笑)視覚化するスキルがまだ本人にはないので。