理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

一筋縄ではいかない

先週は好調でしたが今週はまた厳しいです。
頑張ってはいるものの疲れているし、精神的にぐったりしていてネガティブな言葉がたくさんでてきます。
とにかくストレスがたまっているようだったので、昨日は
「社会の確認問題は基礎編だけで終わらせ早めに寝よう!」と提案しました。最初は渋っていましたが、発展編の問題量(基礎編の2倍!?)を見て「わかったそうする…」と。
お風呂の後はふと思い立って本の読み聞かせタイム。何歳以来かな?という感じです。
親子でリラックスしました。
そしていつもより30分早く寝せたら、今朝は久しぶりにすっきりしていました。
 
息子の話。
勉強量が多いのは確かに疲れるのだけど、かといって勉強量を減らすと知識に抜けができそうな気がするからやはり全部やるしかないと思う、と。
あと、同じようにたくさん勉強してすごく疲れても、充実感がある時もあるんだよね。そうなればいいんだけど。。とのこと。
精神的にいい状態であれば、同じ勉強量でも疲れつつもやりきれるのでしょう。
母は、大変そうな息子の様子を見て「少し量を調整すべきかも?」とも考えていましたが、まずは精神的に前向きになれるサポートが先かもしれません。一番難しいですが。。

 
・・・
 
今日は国語。国語の授業は一番リラックスできるのだそう。
確かに、新しい国語Bの先生は入試報告会でも話を聞いたことがあるが、話が本当に面白かった。
逆に一番授業で疲れるのは算数。3時間、時間を細かく区切られながら問題を解くのはすごく疲れるそう。鍛えられてくれ!
そして家庭学習は理科が一番大変、とのことです。
…金曜日がリラックスできる科目でちょうどよかったかも!