読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

算数と国語の振り返り

3月組分けテストの算数と国語の内容を振り返ってみました。

【算数】

大問3までの正答率が大幅にアップしていたのはよかったのですが、大問4以降の正答率は1月組分けを少し下回っていました。1月組分け前は応用問題中心の演習をしていたし、今回の組分け前は標準問題を見直していたので当然のことではあるのです。

ただ今後両方やるのはムリだと思います。5年のスケジュール的には片方だけでも厳しい。

よって毎週の内容をその都度、時間が経っても揺るがない域まで習得していかないといけないのでしょう。かなり厳しいことですが。。

幸いにも(?)テキストの問題数も大幅アップ、デイリーチェックや週3回の基礎力定着テストも含めると演習量は大幅に増えています。

親は解いた形跡含め内容を細かくウォッチしていき、怪しい部分にはなるべく早く気付くようにしていきたいです。

大問4以降の応用問題については、やはり5年になって難問シリーズが増えたので毎週取り組み習得していくことでしょうか。時間足りるかな。頑張れ〜。

 

【国語】

大問1と2は素晴らしい出来でした。記述もここ数回のテストに比べれば点数をいただけていました。

課題は物語文の記号選択問題です。親も問題を読んでみましたが、なるほどね~という印象。

中学生の男の子が主人公、でも友情関係、特にライバル関係の質が息子のこれまで体験しているものと違うので厳しかったのでしょう。

間違った問題について、うちの子が選んだ選択肢を予測してみる、というのをやってみたら全て合っていました(^^;; それぞれの問いについて一度議論をしていくしかないかな。正解の選択肢と少しくらいは迷ったのかどうかも聞かなければ。

国語A読解演習の選択肢問題も、親と話して深めていく必要があるかもしれません。このところ本人がマル付けして終わり、となっていますがこれでは何も得ていない気が。

記述が向上しているのは、もしかしたら5年生から担当になった先生の教え方が合っているのかもしれません。

いや、たまたまかも。

復習テストをよくウォッチします。

・・・

さて復習テストまであと約1週間となりました。

今回社会がものすごい量ですね。工業地帯・地域の特徴と多数の工業都市、貿易の相手国や品目、さらには世界地理!! えーーー!

昨日、親のクイズ形式の復習をやってみましたが途中でお互い疲れ切って全部はムリでした。テキスト1回分が、4年の1.5倍かそれ以上のボリュームな気がします。。。

逆に理科は4年でもやった内容なので楽そうです。

意識的にそうしているのかな?と思って理社のカリキュラムを見比べてみました。

理科は4月以降に物理と天体のオンパレードで一気に難易度上がりそうですが、その頃社会は地方別の総まとめになっています。

スパルタなカリキュラムの中に優しさを見ました。ほんと?