理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

やる気と海馬とi暗記

振り返ると3月後半から4月上旬まで、息子は無気力でやる気があるとは言い難い状況でした。1ヶ月近く4時間授業か春休み。しかも足を軽くケガして4週間くらいスポ小活動もお休み、と時間はたっぷりあるにも関わらず、というかあるからこそなのか、とにかくダラダラダラダラ、長時間かけてなんとかその日やることを終わらせる、という毎日。。母もヤキモキしておりました。

しかし学校が始まってスポーツの方も復活すると、ようやく生き生きしてきた感じです。新しいクラスでは、4年時に一番仲が良かった友達とは離れたものの、1年のときに一番仲の良かった子や2年のときに仲の良かった子と同じクラスになり、また新たにできた友達とも楽しく遊んでいるらしく、毎日「学校が楽しい!」と言っています。先週末の久しぶりの試合後も、体は疲れているのでしょうが頭の方は覚醒していて普段ダラダラゆっくりやっている学習を集中して短い時間で終わらせていました。

時間があればいいってものではないのね。

…ということがよくわかりました。今後諸々の方針を決めるときに参考になりそうです。

・・・

本人のやる気がなくて困っていたとき、やる気というのは、やりはじめないと出ないんだよ、と教えるため池谷裕二さんの著書『海馬/脳は疲れない』の該当箇所を読ませました。それが面白いらしく、今最初から読んでいます。

さらに池谷さんが監修したi暗記というアプリがおもしろそうだったので使ってみました。日々の学習の中で間違えたものを、母がせっせとi暗記カード化していってみてます。PCから入力できるのでちょっとした時間にシャカシャカ入力できクラウドスマホと同期できるので便利です。

このアプリが賢いのは、もう覚えたとアプリが判断したカードはしばらく出てこなくなることです。が、そろそろ忘れたんじゃない?という頃にひょっこり出てくるそうです。

おもしろいので、母の専門分野の知識もカード化して使っています。あ、画像も入れられるので、理科の図とか、社会の地図とかも使えますよ~。画像を入れると問題文も画像の中で完結しないといけないのでちょっと加工が必要ですが。。

…めざせ親子でレベルアップ!

 

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス