理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

ウィークリーからデイリーに

塾のない火木、一人で過ごす夕方に集中力をもって勉強することがまずは何より重要なのですが、5年生になってあまりうまくいっていません。

モチベーション下がってるのかな?・・とか思いつつ、私自身も仕事が忙しくてなかなか手を打てなかったのですが。。

運動会の前日、塾はあるけど4時間授業で早く帰宅する日。定型リスト上は勉強をほとんどしないことになっているので、「これをやってね」と4つ分の学習を準備しました。テキストノートのセットに①~④と書いた付箋をそれぞれに貼りテーブルに用意しておいたのです。それが非常にスムーズに終わり、娘の報告によると、勉強終了後近所のお友達と遊ぶ時間すらあったとのこと。

それでようやく思い至りました。通塾開始から続けていたウィークリー学習リストがよくないのかもと。5年になってやることが増え、4年のときに比べると字が小さく多くなっています。ふと冷静に見ると、これは気持ちが萎えるインターフェイスなのかもと。

それからは、息子が帰ってきたらテーブルの上に「これからやること」だけがテーブルの上に置いてある状態にしています。本人にすごく好評で、前向きに取り組めているようです。

 

さらに、時制も投入してみることにしました。引退したiPhoneのアラームアプリで、火曜日と木曜日の勉強時間と休憩時間を設定。学校から帰宅して40分ほどの休憩後に勉強開始のアップテンポな音楽が流れ、50分後に終了の優しい音楽が流れます。50分勉強→15分休憩→50分勉強→ で夕食までに2.5セット勉強できます。これも今のところ順調そうです。

思えばこれまで、「与えられてそれをやる」という受動的なやり方になんとなく抵抗があり、最低限のリストをもとにどの順番で何時からやるかは本人に任せるようにしていたのです。

が、例えばスポーツの練習などはコーチが組んだ練習メニューを決まった時間に開始し決まった時間で終了します。その練習の意味や大会に向けての長期的な課題などについては、試合後や練習前のミーティングでは話すけれど、練習中は「今やるべきこと」しか見ない。そのほうがずっと集中できるし精神衛生上いいね、とようやく気付いたのでした。もっと早く気付くべきだった。

・・・

さてマンスリーまであと3日。

正直に言えば、母はコース復帰してほしい気持ちが薄めです。実は先月のブロック落ちで授業のサイクルが変わりかなり大変でした。運動会が重なったこともあって終わっていないテキストやデイリーステップが多々あり、一昨日ようやく最低限追いついたかなという感じ。それを思うともしもブロック上がるなら7月組分け後、夏期講習からのほうがいいかなと。

息子は上がりたいようなので(その割にはあまり気合い入っていないが)、もちろん応援しますよ。はい。