理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

言葉の力

昨日の夜から今日の朝にかけて、何か息子がちょっと違います。言動がかっこいい(笑) 

【昨夜①】
母:マンスリーの直し、今週の火木土日の4日間で1教科ずつやるのはどう?
息子:それいいアイデアだね! 楽しみが増えた!! (えっ! 楽しみ…?) 

【昨夜②】

塾の後の遅い夕食後に理科デイリーステップを解く息子を見ながら
母:塾の日のことを考えるとデイリーステップを朝やるか他でやるかしたほうがいいね。
(5年になって仲良くなった友達と一緒に行くため、朝の出発時刻が4年時より15分も早くなっています。起きる時間は変わらないため朝勉のボリュームが大幅ダウン。もともと朝デイステもやっていましたがこのところ基礎トレのみです。)

母:あと10分早く起きる? それとも火木の夕方に2枚ずつやるというのもありかな?
息子:10分早く起きる!!(即答)
母:お、いいね、じゃあ明日から起こすね!

 

【今朝①】
約束通り10分早く起こしたら、声がけだけでさっくり起きてきた!!少し時間がかかることを想定していたのでビックリ! 

【今朝②】

朝出かける用意をしながら独り言のように
息子:オレ国語と社会はまだまだ伸びしろあるよね。
母:そうだね。伸びしろあるよ!
息子:でも算数と理科もさらに伸ばすよ!

 

何だかすごく前向きでかっこいい言葉が出てくるので一体どうしたのだろうと思っていたら、その後の話で謎が解けました。

昨日の朝通学中、息子が心からリスペクトしている、今中一のK君に会って途中まで一緒に行ったのだそうです。
Kくんは近所に住んでいて、同じスポーツチームに所属してました。ストイックに頑張っていてチームではエース的存在です。チーム練習がない日は必ず自主練する姿を見かけたし、レベルの高い選抜練習にも合格し参加していた。そのKくん、受験することを決め6年生から塾に行き始めました。昨年、息子はほとんど毎日Kくんと一緒に学校に行っていましたがチームの話は全くせず、いつも勉強の話をしていたみたい。夏ぐらいから休部して勉強に専念し、見事第一志望校に合格。息子も自分のことのように喜んでいました。

なるほど〜。Kくんとほんのちょっとだけど言葉を交わして前向きマインドをもらってきたのね。

息子:Kくんに志望校聞かれた。
母:何て言ったの?
息子:○○中って言った。
母:そう、言ったからには頑張ろうね。

いろいろビックリな朝でした。

 

Kくん、大人から見てもすごい子なのです。スポ少卒団時にコーチや後輩宛に書いた文章が、コーチ級の前向きな言葉。
昨年1年間息子は毎朝のようにKくんと話をして、今思えば大きな力をもらっていたのかもしれません。

Kくん本当にありがとう! 
これからもぜひ時々よろしく!!(笑)

そして母もKくんを見習って、息子の力になるような言葉をかけられるようになりたいなと思ったのでした。

広告を非表示にする