理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

5年生 7月組分けテスト自己採点

組分け終了後の息子談。

 国語が絶対悪い!時間足りず記述の問題3問まるまる空欄!

 算数は結構いいかも。余った時間で見直しもできて大問1の計算ミスを見つけられた。

 社会は時間が少し足りなかったし自信がないところが結構ある。

 理科は前ほどじゃないけどまあいいと思う。

 

どうやら算数の点数が楽しみだったらしく、いそいそと自分で採点。

やはりミスはポロポロあり本人が期待したほどはよくはなかったものの、前回組分けを少し上回りました。

国語は記述ゼロ×3問で痛いですが、物語文の選択問題が全問正解。確か初めてのことだと思います。

今回、国語は授業で習っている手法(人物の相関関係などを図にしてから解く)でやってみる、というのを本人が課題にしていました。母はそれを聞いたとき時間が足りなくなるのでは、、と心配していましたが、思った通りの状況に。。。でも選択問題の精度が上がったのは相関図のおかげ? 断定できないけれど、今後家庭学習で毎回練習して時間内にできるようにしていこう、と話しました。

理科が最近にしては悪く、本人ショックで泣きました。理科はその勢いで直しも。てこ分野の理解に穴があったようです。それ以外は深読みしすぎやミスが原因のようです(自己申告)。

社会もよくはなく、4科合計は6月マンスリーから30点マイナス程度かなと思います。「絶対α落ちする!!」と本人ショックで大荒れでしたがそののち家族で今後に向けての反省会もしました。

最終的には非常に殊勝になり、テキストのファイリングなどを自分でやったり、明日のサピに向けて残りの勉強を前向きにやっていました。

 

難易度によってどんな結果になるか? まだわかりませんが、母の長らくの悩みである、息子の粗雑な学習態度がこの機会に改善しますように、と願っています。