理科好き男子☆中学受験2019

小5男子、SAPIX生活の記録

妹参戦

夏期講習4日目終了。

昨年は毎日3教科だったのが今年は2教科ずつなので、今年の方が楽かな、という印象です。計コンもないですし。

復習、息子の場合1日でやるとおそらく消化が悪いので、算理社は2回分に分けてやっていきます。

4科目の中では理科が一番大変です。デイリーステップも確認問題も週1の通常授業と同じボリューム。。

そこで確認問題の1〜4までは、口頭で答えを言う、でよいことにしました。兄の勉強を手伝いたくてしょうがない妹が理科の解答を見て、答えが合っているかを確認します。天体分野はパーフェクトだったので、息子、妹の尊敬を得たようです。

副産物として、「デネブ」「アルタイル」「一等星」などの理科用語を、活字を見つつ耳でも聞くのは娘にとってもよいかも。ここでさらに我が家にある学習漫画も読ませ、知識を得るきっかけにしてもらおうかな。

 

ドラえもんの理科おもしろ攻略 天体(地球・月・太陽・星の動き)がわかる (ドラえもんの学習シリーズ)
 

↑ 息子5歳の時にせがまれて購入。漫画部分だけでなく、字がギッシリのページも全て読破しました。地軸の傾きの説明なども一生懸命読んでいるので「それは5歳には難しいから飛ばしていいよ?」と言っても「難しいからこそがんばって読まなくちゃ!」と言って健気に読んだ。ほんと学習漫画大好きでした。今はサピでイヤというほど知識浴びているので、あのときの知的好奇心どこへやらです・・・

 

息子も、娘のピグマを手助けしたりしてくれます。テープとのりしろの問題など出てきていて、「あーこれって4年のあの問題の伏線だね!」とか、息子も発見があるみたいです。

娘は相変わらずサピには行かないと言っていますが、中学受験はするつもりになっています。せっかく兄の経験があるので、ピグマの問題をきっかけにできるところから発展させたりしたいな、と思いつつ、母はもうしばらく5年生で手一杯かなー。。